Japan Illini Club

University of Illinois Registered Alumni Association in Japan

2019年7月20日(土)に行われたリユニオンパーティで,計量心理学者の丸山先生からメモリーロボット「ルーク」の開発構想をお伺いした.今後はこの話題を小説化し,関連する研究開発者の皆さんと情報交換をしたいとのことである.(会長:古市)

孤独の代償―メモリーロボット、「ルーク」の働き

2019.7.23 聖学院大学名誉教授  丸山久美子(計量心理学)

  

1960年後半から70年代は 世界中の大学生達が大学騒動を起こし、アカハラ(アカデミック・ハラスメント)、パワハラ(パワー・ハラスメント)などの大学教官達に対する抗議の一環として大学閉鎖や授業放棄を行い、先生方に対する暴力的抗議を行った。この大学闘争の最中、親たちは子ども達へのしつけや礼儀などの基本的な生活基盤を教える術もなく、自由放任の躾けなしのまま外へ放り出したことが結果と為って、子ども達の自在な思想形成や、革命的精神が何の造作もなく形成され、折しも中国では毛沢東が権勢をふるっていたために、毛沢東的革命思想が強化された。この年代を日本では「団塊の世代」と言う。 現在、団塊の世代は70才を超えた立派な大人、老人になった。彼らがそれまで、順当に暮らしてその年齢を迎えたとすれば、それは極めて目出度いことではあるが、その反面、団塊の世代に自ら脱落してしまった子どもは所謂「引きこもり」といわれる日本特有の病を抱えることになった。それまで、家に引きこもって親の側でひっそりと生きていた子ども達は親が既に80才の齢をすぎ、最早彼らを養育する能力を失せたとき、彼らは既に60代の初老期にさしかかっていた。それまでに、何とか他者の助けを借りて自立の道を歩み始めた子ども達はそれなりに自分の生活を老いた親に迷惑をかけずに何とかやり過ごすことは出来るだろうか。だが、全てが順当ではない。団塊の世代が所帯を持ち子どもを産むと、それも又第二の団塊の世代となり、十分なしつけや養育を受けられずに脱落してしまい、第二の「引きこもり」問題が生じるとも考えられ、第二の70-40問題と言われる問題が浮上した。折しも引きこもりが原因で大きな殺傷事件が生じたばかりの現在、この問題は黙って見過ごすことは出来ないだろう。

孤独に引きこもる子どもの良き相棒、親友が「ルーク」という名のロボットである。悩める彼らのために作られたルークは孤独の中に浸っている彼らにある種の指針を出し、良きアドバイスさえ与えるだろう。そんなロボットが側に常時存在することで、今後、連れ合いを亡くした老人達やさらには悩める多くの人達の相談相手となる賢く且つ優しいロボットの出現を人は決して拒まないだろう。            

News articles

What's new @ JIC

2022年8月6日(土)午前10:00〜12:00(JST,米国中部標準時では8月5日金曜日20:00-22:00) ,恒例のリユニオンパーティに代わるイベントとして,昨年2021年に続いてZoomによるオンラインでリユニオンミーティングを行います.

On Saturday, August 6, 2022, from 10:00 a.m. to 12:00 p.m. JST (Friday, August 5, from 8:00 p.m. to 10:00 p.m. CST), we will hold a Reunion Meeting via Zoom as an alternative event to our annual Reunion Party.

ここをクリックして申込み

Click here for application form

世界・国内各地で活躍されている皆さんが,コロナ禍下3年目の夏を迎えてどのように過ごしているか,お互いに知ることができる良い機会です.例年参集できなかった遠方や海外の皆さんをはじめ,元奨学生の皆さんにはぜひともご参集いただければと思います.

This will be a good opportunity to get to know each other and to see how people around the world and in Japan are spending their time under the Corona Disaster. We hope that all former scholars, as well as those who were unable to attend in previous years, will be able to attend.

限られた時間の中でより多くの方と懇談ができるよう,基調講演に代わって参加者の皆さんにはリレー形式でショートトーク(1分半〜最大2分の近況紹介)を行っていただいた後,ランダムに振り分けられるブレイクアウトルームに分かれて懇談を行い,懇談中は自由にブレイクアウトルームを移動できるようにします.奨学生の方,同期の方,同じ学部の方等,時間内は知り合いの方を見つけて自由に移動して懇談することができます.

In order to meet with as many people as possible in the limited time available, participants will give short talks (1 to 2 minutes maximum) in a relay format as time permits, and then break into breakout rooms randomly assigned to each participant. Participants will then be divided into breakout

...

イリノイ大学日本同窓会とイリノイ大学基金(英文名 University of Illinois Fundation)では,公益社団法人 企業市民協議会(英文名 Council for Better Corporate Citizenship (CBCC),経団連の呼びかけにより1989年9月に設立された公益社団法人)と協定を締結し,イリノイ大学に対する寄付について税額控除することが可能となりました. 経団連CBCCのサイト「第46回承認プロジェクト:2021年5月承認」部分に,その他承認プログラムと一緒に一覧が掲載されています.

詳細はイリノイ大学基金のサイトをご覧ください.

問い合わせは当該サイト中に記載のメールアドレスにメールでお送りください.また,イリノイ大学日本同窓会の本プログラム担当者宛 cbcc@illini-club.jp でも日本語による問い合わせ等を受け付けます.

2006年度の小山八郎記念奨学生(第31期)の佐藤真莉子さんが,QUEENのギタリストブライアン・メイ氏に単独インタビューをした記事が,NHKのサイトに掲載されました.佐藤真莉子さんは現在NHKに入局後福島局,社会部,国際部を経て今年からNY支局に勤務されており,イリノイ大学で学んだジャーナリズムが現在の仕事に活かされています.今後も,NHKのNYからの佐藤さんによるレポートをご期待ください.

東京パラリンピック車椅子バスケットボール銀メダリスト香西選手のインタビュー記事「東京パラ銀香西宏昭が語る”車椅子バスケ”の真髄」が,週刊新潮の11月25日号に掲載されました.スポーツライターの小林真也氏による力強い言葉で香西選手が語られています.書店・駅スタンド・コンビニ等でお買い求めください.

また,こちらの及川晋平コーチと香西宏昭選手のインタビュー記事もあわせてご一読ください.

2021年7月31日(土)午前10:00〜12:00(JST,米国中部標準時では7月30日金曜日20:00-22:00) ,恒例のリユニオンパーティに代わるイベントとして,Zoomによるオンラインでリユニオンミーティングを行いました.

JICとしては初のオンラインイベントでしたが,50名を超える同窓生及び在学生の方にお集まりいただき,オンラインの利点を活かして米国・マレーシア・フィリピンに在住の方にも参加していただくことができました.特に特徴的だったのはUIUCではMBAのプログラムが廃止となった後オンラインだけで開講するiMBA及びiMSAの方にたくさんご参加いただくことができ,MBAの同窓生をはじめJICの役員はUIUCの新しい試みが成功している様子を目の当たりにすることができ,とても良いイベントになりました.

 
プログラム
  • 09:50- 接続受付 (開始時間まで待機)
  • 10:00- 開会挨拶 (古市 会長)
  • 10:05- 参加者リレートーク 順番:奨学生OB/OG→会員(理工学系,MBA,MSA,EDU,LAW系)
  • 12:25- 閉会挨拶(矢部 副会長)
  • 12:25- ブレイクアウト交流会

今後JICではオンラインの特長を活かした会員間の交流イベント企画を増やして参りますので,次の機会にまた同窓生の皆さんとお会いするのを楽しみにしております.

車いすバスケットボール日本代表の香西宏昭選手(元イリノイ大学アーバナシャンペン校車椅子バスケットボールチーム主将)が,2021年9月23日(木)19:00-20:50 にNHK BS1の「武井壮のパラスポーツ真剣勝負」に出演します.東京パラリンピックでは銀メダルを取った日本,現在は渡独してプロチームでのさらなる活躍が期待される香西宏昭選手を知ることができます. 詳細は番組ページをご覧下さい.

2013年に同窓会で行った渡独壮行会時

JICの活動内容
イリノイ大学日本同窓会では次の活動を行っています
リユニオンパーティ
毎年6月あるいは7月に実施するレリユニオンパーティをはじめ,ご家族や友人の皆様と一緒に参加できるイベント(和太鼓を楽しむ会,そば打ちを楽しむ会,能・狂言を楽しむ会等)等を開催します
Flip it
Reunion parties
毎年6月あるいは7月に実施するレリユニオンパーティをはじめ,ご家族や友人の皆様と一緒に参加できるイベント(和太鼓を楽しむ会,そば打ちを楽しむ会,能・狂言を楽しむ会等)等を開催します
Flip it
ニュースレターの発行
Japan Illini Club会員の皆様の活動の様子や最新のイリノイ大学情報等を共有するため,Newsletterを発行しています.
Flip it
Newsletters
Japan Illini Club会員の皆様の活動の様子や最新のイリノイ大学情報等を共有するため,Newsletterを発行しています.
Flip it
会員間の情報共有
イリノイ大学日本同窓会会員の方との情報共有,情報提供等
Flip it
会員間の情報共有
イリノイ大学日本同窓会会員の方との情報共有,情報提供等.カレッジ毎のイベント,著書等の案内等でご活用ください.
Flip it
小山八郎記念奨学制度
日本の大学に在籍する日本人の学生を,毎年4名選考し,イリノイ大学に授業料無料で送る制度です.本奨学制度は小山八郎記念奨学制度として知られているとてもユニークな奨学制度でしたが,国内の各大学でイリノイ大学との交換留学制度が充実してきたのにともない,42年目の2017年を最後に本制度は終了しました
Flip it
Koyama Hachiro Memorial Scholarship Program
日本の大学に在籍する日本人の学生を,毎年4名選考し,イリノイ大学に授業料無料で送る制度です.本奨学制度は小山八郎記念奨学制度として知られているとてもユニークな奨学制度でしたが,国内の各大学でイリノイ大学との交換留学制度が充実してきたのにともない,42年目の2017年を最後に本制度は終了しました
Flip it
Newsletterメルマガ版
以下のGoogleフォームで申し込んでください

登録フォーム