Japan Illini Club

University of Illinois Registerd Almni Association in Japan, イリノイ大学日本同窓会

2月21日(土),JICとJIC-Women’s Networkの共催により文京区のアカデミー音羽にて「書道を楽しむ会」を開催いたしました。今回は郡司先生よりご紹介いただいた書家の千葉清藍さんを講師としてお迎えし、参加者21名にて楽しい一時を過ごしました。 千葉清藍さんは、旅する書道家として、日本のみならずアメリカにおいても御活躍中の若手書道家で、昨年夏もイリノイ大学、在シカゴ総領事館で書道パフォーマンスとワークショップを行っていらっしゃいます。

この度は、初めに「春風伝鏡」の4字を衝立2枚の大きさに披露してくださいました。そのダイナミックなパフォーマンスに参加者一同息を飲み、圧倒されました。続いて、お住まいが福島県であることから、東日本大震災の際の様子にも触れながら書道の歴史、用具などについてお話くださいました。感動的なお話の後は、ワークショップ。小学校の授業以来筆を持ったことのない方も多く、悪戦苦闘いたしましたが、自分の好きな字をハガキに書き、千代紙でデザインし、個性豊かな作品を完成させました。もっと書きたかった、またお習字を習いたいといった感想も寄せられ、書道の楽しさを改めて感じました。

書道の魅力を満喫した後は、イタリアンレストランにて懇親会を行いました。千葉清藍さんを囲んで話は弾み、再び講師としてご出席くださることをお約束して閉会となりました。

今後も皆様と楽しい企画を開催することができれば嬉しく存じます。

JIC-Women’s Network 代表 阿部 一穂

イリノイ大学アーバナシャンペン校(University of Illinois at Urbana-Chamaign)には日本館(Japan House)があります.米国中西部では唯一の広大な日本庭園を備えた日本建築で,華道,茶道等日本文化に係る様々な教育を行う他,各種イベントを通して日本文化を米国に伝える拠点であり,JICではこれまで桜や銘板の寄贈等を含め,様々な支援を行ってきました.今年はこの日本館で12月13日から15日にバザーが行われ,3日間で約300人の方が参加されました.JICでは JIC Women's Networkが中心となって着物,浴衣,日本人形,茶道具等様々なグッズを会員の皆様から寄贈していただいて日本館に送付,写真のように大盛況にバザーを終えることができました.

JIC Women's Networkが主催する日本文化を体験するイベント「能と狂言を楽しむ会」を10月5日(日)に千駄ヶ谷の国立能楽堂で実施致しました.能の演目は「小鍛冶(こかじ)」,そして狂言の演目は「悪坊(あくぼう)」.能を初めて見る参加者も多く,あらかじめストーリを予習してから鑑賞された方が多かったのですが,それでも言葉を十分聞き取ることができた方は一部で,日本文化の奥深さを痛感しました.狂言は口語で,参加者全員始まると共に安堵,そして,笑いのツボが現代と同じなのにはビックリ.声を出して笑って良いものか否かわかりませんでしたが,皆さんクスクスと笑っていました.

JIC Womens' Networkのイベントは,尺八,和太鼓,そば打ち等日本文化を知って楽しむ会として定着しつつあり,来年2月には書道を楽しむ会を計画中とのことで,詳細が決定したらこちらでご案内致します.

世界的なチェロ奏者としてご活躍されている堤剛先生(サントリーホール館長)とご夫妻を囲む会を9月25日に学士会館で実施し,イリノイ大学に本同窓会とインディアナ大学日本同窓会の両会員に多数ご参集いただくことができました.

また,来る10月12日(日)には堤先生のコンサート「バッハ無伴奏チェロ組曲 全曲演奏会」が開催されます.詳細はこちらをご参照ください.演目は次の通りです.

J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲[全6曲]
 第1番 ト長調 BWV1007
 第5番 ハ短調 BWV1011
 第2番 ニ短調 BWV1008
 第6番 ニ長調 BWV1012
 第4番 変ホ長調 BWV1010
 第3番 ハ長調 BWV1009

2014年6月14日(土),東京・千代田区内幸町の「レストランアラスカ」(日本プレスセンタービル10階)で2014年度イリノイ大学日本同窓会(JIC)リユニオン・パーティを開催し,約100名の同窓生が集いました.今年は,イリノイ大学College of Fine and Applied ArtsのDean Feser先生にご参加いただいた他,郡司紀美子先生をはじめ,日本館館長のJeniffer先生等,イリノイ大学から参加していただいた方が大変多かったのが特徴でした.来年40年目を迎える小山八郎記念奨学制度ですが,帰国したばかりの第38期の4名からの帰国報告,そして間もなく出国する第39期の学生の自己紹介をしてもらいました.また,今年初めて予定しているクラウドファウンディングの試みについても紹介されました.ご参集いただいた皆様,どうもありがとうございました! 

2014年4月28日(土),イリノイ大学の故室賀三郎先生の奥さま洋子夫人が来日され,イリノイ大学日本同窓会の会長,副会長をはじめとする同窓会会員の皆様と会食を楽しみました.室賀先生は日本のコンピュータ産業のパイオニアとして有名で,室賀先生を頼ってイリノイ大学への留学を果たした留学生・研究生は数百人を超えている思います.2003年にはイリノイ大学日本同窓会の主催で「室賀先生と洋子夫人に感謝する会」を開催致しましたが,その後2009年に室賀三郎先生はご逝去されました.洋子夫人はその後もカリフォルニアにお住まいで,今回は久しぶりに日本同窓会のメンバと会食することができました.

三上晃一氏(1958年からコンピュータサイエンス(当時のDCL)へ留学)が,11月16(土), 17(日), 23(土), 24日(日)に藤沢市民会館大ホールで男声合唱の一人としてフィガロの結婚を歌われます.三上氏は三菱電機(株)からの企業派遣でイリノイ大学へ留学され,大学ではグリークラブに所属し,1961年の夏には40日間のヨーロッパ演奏旅行に加わった経験もお持ちの方です.その後,三上氏は日本IBMに転職した後も湘南市民コールと藤沢男声合唱団団長としてご活躍で,今年は藤沢市民オペラ創立40周年記念で”フィガロの結婚”を男声合唱団の一人として歌われるとの事.オペラ好きな方はもちろんのこと,この機会に一度オペラを聴いてみたい方も,藤沢へ行ってみませんか? 前売りチケットをリーズナブルな価格で入手されたい方は,三上氏まで直接メールで(mikami (at) y3.dion.ne.jp)ご連絡下さい.

"和太鼓を楽しむ会"(JIC-Women’s Network 主催)を2013年10月20日(日)に世田谷区立弦巻区民センターで開催いたしました.

当日は雨風ともに強くあいにくの空模様となりましたが,参加者11名にて,アットホームな雰囲気の中で和太鼓を楽しみました. 今回は,女性だけの和太鼓の会「風鼓の会」から5名の方が講師としていらしてくださいました.初めに,様々な打ち方で五曲をご演奏いただき,次に太鼓の歴史や種類などについてお話しいただきました.そして,いよいよワークショップの時間.入念なストレッチから始まり,四分音符,八分音符,さらにリズミカルな打ち方と練習を重ね,次第に打ち方も腰が入り最後には皆で一曲を完成し,発表会をもって終演となりました.

講師のみなさまは,会のモットーである「太鼓の響きが一期一会の心をゆさぶり,風のようによりそい,つつみこむ.多くの方々と出会い,はじけるような笑顔,元気,そして明日への勇気を共につくりだす.」そのままに,非常に熱くご指導くださいました.

和太鼓を楽しんだ後,同区民センター内において懇親会を行いました.和太鼓を体験した熱気が冷めやらない中で,懇親会も大いに盛り上がり,今後のWomen’s Network の活動につきましても大変貴重なご意見をいただきました. Women’s Network では,より多くの皆様にご参加いただけるような企画を考えてまいりたいと存じますので,どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます.

JIC-Women’s Network  阿部 一穂

 

These are what we do

毎年2回,Japan Illini Club会員の皆様の活動の様子や最新のイリノイ大学情報等を共有するため,Newsletterを発行しています.

Newsletters

日本の大学に在籍する日本人の学生を,毎年4名選考し,イリノイ大学に授業料無料で送っています.本奨学制度は2017年が42年目となり,小山八郎記念奨学制度として知られているとてもユニークな奨学制度です.

Scholarship students

毎年6月あるいは7月に実施するレリユニオンパーティをはじめ,ご家族や友人の皆様と一緒に参加できるイベント(和太鼓を楽しむ会,そば打ちを楽しむ会,能・狂言を楽しむ会等)等を開催します

Social events