2017年度(第42期)米国イリノイ大学小山八郎記念奨学留学生募集要項

(募集期間:2017年5月1日~10月31日)

<<問い合わせはこちら(クリック)から>>

※参考:先輩方の奨学生レポートをご覧下さい

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(UIUC)は,U.S. News & World Reportでは全米トップ1にランキングされる学部が多数あり,The Times Higher Education World University Rankings 2015-2016では世界36位、米国20位に位置するイリノイ州最大の州立大学であり,Newsweek誌でも外国人留学生が行きたい米国総合大学トップ10の一角として紹介されています.イリノイ大学は他にもシカゴ校(UIC),スプリングフィールド校(UIS)などを擁していますが,その中でもアーバナ・シャンペーン校は1867年に創立されたイリノイ大学でも最古のキャンパスです.イリノイ大学で学んだ日本人学生は明治時代以来既に1500名を超え,現在でも官僚,外交官,学者,教育者,芸術家,研究者,エンジニア,ビジネスマン,企業経営者,医師,歯科医師,公認会計士,法律家などとして各界において活躍中です.

イリノイ大学小山八郎記念奨学制度は,イリノイ大学卒業生有志によるイリノイ大学日本同窓会(JIC: Japan Illini Club)の事業として,元会長であった故・小山八郎氏の志を受けて始められたものです.既に40年間にわたってイリノイ大学へ日本人留学生を派遣することにより,日米間の国際交流に大きな貢献を果たしてきております.

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校には,教養学部,理工学部,ビジネス学部などの学部の他,ビジネススクール,ロースクールなどを含む大学院レベルでも様々な専攻があります.小山八郎記念奨学制度では教養学部を受け入れ先としており,1年という短い期間ですが,それぞれの留学生の興味に応じた幅広い学習と体験をしてもらうことに主眼を置いています.フルブライト・ジャパンの留学サイトでも紹介される等,同窓会がバックアップするユニークな奨学制度(約300万円の授業料が免除されます)として,近年注目を浴びてます.また,同窓会のホームページ上では留学中の奨学生からのリアルタイムレポートが多数の写真とともに掲載されており,米国留学を検討中の学生の皆さんにとって貴重な情報源となっています.

近年,海外への留学者数は減少しており,その理由の一つが,就職活動が不利になると思われていることのようです.しかし,小山八郎記念奨学制度により留学した学生は,いずれも帰国後希望通りに就職しているという実績があります(トヨタ自動車,日産自動車,楽天銀行,NIH,パナソニック,伊藤忠商事,ゴールドマンサックス証券,TBS,NHK,自治医科大学,日揮,マッキンゼー・アンド・カンパニー,アクセンチュア,ウォーターズ,CDI,外務省,財務省,JICA等).同窓会が運営するユニークな海外留学奨学制度に,皆さんもチャレンジしてみませんか?

1: 【奨学制度概要】
(1) 留学先 米国イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(通称UIUC)教養学部 ※専攻によっては他学部への留学が認められる場合があります
(2) 期間:2018年8月~2019年5月(秋・春の2学期間)
(3) 人数 4名
(4) 特典 年間授業料免除、往復旅費・滞在費は自己負担

2: 【応募資格】
(1) 日本国籍を有し,出願時及び留学期間中に日本の4年制大学(医歯薬学系などの場合も含む)に在籍中の方
(2) 年齢は応募締め切り日時において25歳以下
(3) TOEFLスコアがiBT 79点以上,または,IELTSが6.5以上で4モジュールとも6以上の方(いずれも2015年10月以降の受験であること)
(4) 学業成績が優秀(平均評定がB以上あるいはGPA換算3.0以上)の方(GPA制度を導入してない大学の場合は,換算表を参考に応募のこと.換算は事務局にて行います)

※語学研修を目的とした留学及びイリノイ大学への編転入目的での応募は不可

3: 【応募方法】
次の5点を申し込み締め切り期日までに以下の宛先まで送付(e-mail及び郵送)してください.
(1)履歴書
(2)応募文: イリノイ大学への留学の意義と履修希望科目に関して英文400ワード以内

 ※(1)及び(2)の書類は,以下のリンクをクリックしてダウンロードした書き込み可能なPDFファイルを利用して下さい.このPDFファイルには(1)と(2)の書類が含まれてます.ダウンロードしたらまずファイル名を変更して下さい.ファイル名は「2018-在籍大学名-学年-姓名.pdf」として下さい(例:2018-東西大-2-日本太郎.pdf).続いて直接PDFファイルに書いて保存し,【応募書類送付】記載の送付先へ,印刷したものを郵送,PDFファイルはメールで送付して下さい.
(3)英文成績証明書
(4)選考手数料 5,000円 (銀行振り込みによる。振込先と方法はこちらを参照(クリック)のこと.)
(5)TOEFLまたはIELTSのスコアレポート:上記応募資格を満たしているスコアレポートの原本,正本(TOEFLの場合)または証明書(IELTSの場合).

合否にかかわらず、スコアレポートを含む全ての提出書類の返却は致しません。スコアレポートの原本を手許に保持されたい方は、各自で各試験実施機関に対してスコアレポート正本または証明書の追加取得を依頼し、正本または証明書を提出してください.

4:【応募書類送付先】
次の通り郵送及びEメールにて各書類を送付してください.

郵送先(簡易書留を利用して全ての必要書類を郵送すること)
〒100-8696 日本郵便(株) 銀座郵便局JPタワー内分室 郵便私書箱2168号
イリノイ大学日本同窓会 小山八郎記念奨学留学制度係 
Eメール送付先(履歴書と応募文は、郵送分と同一のものを別途Eメールで送付してください.)
This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it. (宛先は問い合わせ先と同じです)

5: 【運営委員】

矢部耕三 (イリノイ大学日本同窓会副会長,ユアサハラ法律特許事務所,弁護士/弁理士,1994年、LL.M.)
古市昌一 (イリノイ大学日本同窓会副会長,日本大学教授,1994年,MS in Computer Science)

6:【選考日程】(予定)
2017年10月31日 申込締切/書類審査開始
↓
2017年11月30日 書類審査結果通知
↓
2017年12月11日 面接審査
↓
2017年12月31日 面接審査結果通知

※日程は変更される可能性があることをあらかじめご了承ください.
※面接審査の際、面接を実施する東京までの交通費等は自己負担となります.

【お問い合わせ先】

応募方法等に関する問い合わせは,問い合わせフォーム(ここをクリック)あるいはThis email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.(担当:古市)宛ての電子メールによりお願いします.

  • 運営:イリノイ大学日本同窓会(Japan Illini Club)
  • 奨学制度運営担当副会長:古市昌一(This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.
  • イリノイ大学日本同窓会 会長:小峰尚
  • 事務局住所:〒100-8696 日本郵便(株)銀座郵便局JPタワー内分室郵便私書箱2168号

【関連サイト】

  • フルブライト・ジャパンの米国留学・学部留学奨学制度情報サイト
    イリノイ大学小山八郎記念奨学制度は4番目に掲載されています.
  • 奨学生レポート
    1999年度以降の奨学生の皆さんレポートがこちらで公開されています.
  • 厚切りジェイソンで注目を集めるイリノイ大学ってどんなとこ!?
    イリノイ大学についてのまとめサイトです.

  • 小山八郎記念奨学生応援サイト:留学と就職シリーズ(1)
    留学することによって就職にどのような影響があるのか,奨学生の先輩の皆さんが自分の体験談に基いて書いた記事をこちらで公開しています.

  • 小山八郎記念奨学生応援サイト
    40年以上続く小山八郎記念奨学制度ですが, 海外留学を目指す日本人学生の減少,イリノイ州の大学に対する予算削減等で, 今後の存続に危機感を持っています.そこで,留学中の奨学生を応援して,留学中にイリノイ大学日本同窓会の奨学生ならではのイベントを留学中に開催し,存在感をアピールするため,皆様からご支援をいただくためのクラウドファウンディングを行っています.

※イリノイ大学日本同窓会は米国イリノイ大学同窓会の日本における活動を行う支部組織です。

These are what we do

毎年2回,Japan Illini Club会員の皆様の活動の様子や最新のイリノイ大学情報等を共有するため,Newsletterを発行しています.

Newsletters

日本の大学に在籍する日本人の学生を,毎年4名選考し,イリノイ大学に授業料無料で送っています.本奨学制度は2017年が42年目となり,小山八郎記念奨学制度として知られているとてもユニークな奨学制度です.

Scholarship students

毎年6月あるいは7月に実施するレリユニオンパーティをはじめ,ご家族や友人の皆様と一緒に参加できるイベント(和太鼓を楽しむ会,そば打ちを楽しむ会,能・狂言を楽しむ会等)等を開催します

Social events