Japan Illini Club

University of Illinois Registerd Almni Association in Japan, イリノイ大学日本同窓会

2018年9月8,9日,イリノイ大学日本館では20周年記念行事が催されました.この記事は,1971年から2年8年間ポスドクとしてMetallurgy(Meterial Science and Engineering)に留学された大嶋隆一郎博士が20周年記念行事に参加され,報告としてご寄稿いただいたものです.ご寄稿ありがとうございました.

イリノイ大学日本館20周年記念行事参加報告
(一社)大阪ニュークリアサイエンス協会 大嶋隆一郎

Illinois大学Urbana/Champaign(以下UIUC)キャンパスに新しい日本館施設が誕生してから節目の20周年を迎え、9月8日、9日の二日間に亘って記念行事が行われた。当初、8月下旬と聞いていたが、大学側の都合で9月初旬に変更され、偶々フットボールのホームゲームの日と重なってしまった。

私と妻はその行事に参加するため、大阪伊丹-成田-Chicago O’Hare経由で、7日午後土砂降りのChampaign空港に到着した。直前に台風の高潮により関西国際空港滑走路が水没するアクシデントがあり、前日には訪問予定の米国の友人から、予定通り出発できるかとの問合わせのメールをもらったが、成田からのChicago直行便を予約してあったため影響は軽微であった。前回の訪問は私がUIUCのPost Doc時代のボスの退職を記念する国際会議がキャンパス内のBeckman Instituteで開催された1996年であり、私にとっては実に22年ぶり4度目、同道の妻には初めてのUIUC訪問であった。空港では日本館秘書の方の出迎えを受け、今回の宿舎となったキャンパス近くのHome2 Suites by Hiltonまで車で送って頂いた。45号線に入っての第一印象は、道路が拡幅されて立派になったなということと街に近づくにつれて店が増えたということであった。記念行事がフットボールの日と重なった関係で宿探しに苦労したが、日本館が当日のゲスト用に周辺のホテルの何室かを確保してあるとのことで、その一つにお世話になることとなった。所在地の住所を聞いた際には以前の記憶から何となく街はずれの印象であったが、到着してみると新しいショッピングセンターの一角で、周りにフードマーケットやレストランもあり、何かと便利で有難かった。郡司紀美子先生からは、7日夜にreceptionを予定しておりますとのご丁寧なメールを頂戴していたが、天候も悪く時差ボケのこともあり、残念ながら失礼させていただくことになった。

8日午後にKrannert Centerで行われた記念式典は、前半は厳粛に、後半は賑やかにまた明るく日本文化を伝える楽しい企画で構成されていた。会場が何となく華やいでいたのは和服の裏千家関係者の方が多数参加しておられたからであろう。 定刻にステージに向かって左手袖にシカゴ日本総領事の伊藤直樹氏、イリノイ大学総長 T.L.Killeen氏、イリノイ大学学長 R.J.Jones氏の3名の主賓の方々が着席され、正面ステージには照明を極度に落とした寺院の本堂を模した祭壇が設けられ、山口県の神峰山用明院般若寺から来られた第90世住職の福嶋弘昭師を導師とした5名の僧侶による真言宗法要で開式となった。帰国後に福嶋師にお訊ねしたら、20周年のお祝いと、この先の繁栄を祈って法要を執り行いましたとのお言葉を頂き、印象深い儀式であった。続いて3名の主賓の方々が祝辞と今後の日本館に対する期待の言葉を述べられた。さらに現在の日本館設立にご援助いただいた裏千家千玄室氏、千宗室氏及び、玄裏千家お家元坐忘斎からの祝辞が披露された後、ステージ右手の茶席に於いて佐藤昌三先生、郡司紀美子先生を客とした立礼による裏千家茶道の実演が行われた。この席では裏千家今日庵業躰泉本宗玄氏により茶道の精神と個々の所作の意味について丁寧な解説がなされ、パートごとに英語に通訳された。茶道というのは必ずしも堅苦しい儀式ではなく、一種のサロンであることが強調されていたように思う。最後は“Japan House-Past, Present, Future”のタイトルによる短編フイルムで締めくくられ、休憩に入った。

後半は一変して陽気なアトラクションとなった。桐朋学園による琴を中心とするアンサンブル演奏、津軽三味線を中心の和洋折衷の異次元音感の「寿バンド」演奏、米国中西部で活動しているという和太鼓集団“Ho Etsu Taiko”の体の奥迄響く勇壮な演奏、更にはちょっと懐かしい盆踊りの演舞、優美な和服のパレードと時間のたつのも忘れるほどの楽しい時間であった。締めは福島県や米国で活動している書道家千葉晴藍氏によるステージ正面の大スクリーンへの「百花繚乱」の大文字揮毫であった。まさに当日の舞台を象徴する一文字、一文字が躍動しているように感じられた素晴らしい作であった。最後に現館長のJennifer Gunji-Ballsrud先生の挨拶で式典は終了した。

当日夜には“East Meets Midwest Dinner: A Cerebration of Women Chefs in the Prairie”とのタイトルで、4名の日米女性シェフが腕を振るった料理による記念晩餐会が開催された。当初は日本館周辺の野外で開催すると伺っていたが、悪天候のために急遽会場が変更された。その情報を知ったのは、式典終了時で郡司紀美子先生から直々に「会場が変更になったのをご存じですか?」と尋ねられ、まったく知らなかったので少しばかり慌てるはめとなった。新しい会場はAssembly Hall(現在名 State Farm Center)近くのConference Centerで、私達のホテルから近いことが分かった。偶々ホテルでご一緒したOregon州Portlandの裏千家淡交会会長の石川昇運氏と、一旦ホテルへ帰って出直すべきかどうかと話しているうちに、周りからどんどん人がいなくなり、結局タクシーで会場まで行きましょうということに落ち着いた。米国では公共交通機関が発達していないので、タクシーの電話番号が分からないとまったくお手上げである。幸いにも石川氏がタクシー会社のメモを持っておられたので、私のスマホから電話してなんとか切り抜けることが出来た。ルートが思ったコースと違うようなので運転手に確認したら、フットボールによるスタジアム周辺の渋滞を避けるためとのことで納得した。 会場には少し早めに到着したため、準備の整わない会場で暫く待つことになった。用意された名札にはテーブル番号が書かれており、指定されたテーブルに各自座るようになっていた。私達のテーブルは殆どが裏千家淡交会のご婦人方であった。4名の女性シェフの紹介や佐藤昌三先生の挨拶・乾杯などで和やかに宴は進んだ。今回は初めて口にするバイソン肉のステーキをはじめ大変美味しい料理の数々であったが、それにまして感心したのはカクテルに加え料理に合わせて甘口、辛口と次々に運ばれてくる日本酒であった。料理と冷酒の抜群のコンビネーションはシェフの皆さんの食に対する感性の豊かさを改めて感じさせるものであった。宴の最後には地ビール、お茶、ラスクがお土産として参加者に配られた。会場を出ると突然夜空に花火の音がとどろき、何事かとびっくりさせられたが、これは直ぐ近くのスタジアムで行われていたフットボールでタッチダウンがあった瞬間とのことであった。雨もあがった翌朝のホテルのロビーはイリノイカラーウアエアのにこやかな人々で溢れており、新聞を見たらイリノイ大学が勝利していた。

9日は快晴とはいかないまでも MATSURI日和となった。開場が午後2時であったので、午前中は思い出の深いIllini Unionと45年以上も前に私がPost Doc時代を過ごした学舎を訪ねた。学科の看板は現在風に変わっていたが、学舎は当時そのままであり、中にも入りたかったが、日曜日で施錠されており断念した。記念に撮った写真と古いアルバムから引っ張り出した写真を並べてみると年月の経過を痛感する。Union内で今回東京から晩餐会に参加されたJICの田島様ご夫妻にぱったりお会いして、お互いに懐かしくなってついここへ来てしまいましたねと笑ってしまった。当時まだ独身であった私が、しばしば利用していたUnion地下のキャフェテリアはすっかり様相が変わってしまっていたが、食後に時々楽しんだボーリング場はそのまま残っておりちょっと嬉しくなった。ちなみに私のボーリングの生涯ハイスコア253点はここで出したもので、記念すべきレーンである。Union前のGreen St.にはバスの停留所が整備されて、キャンパス周辺で何台ものバスを見かけたので、以前よりは公共交通機関が充実しているのであろう。キャンパスタウンは日曜日のせいか、学生の往来は少なめであったが、日本以外のアジア人の数が大変多いという印象を受けた。

MATSURI開始に間に合うように、少し余裕を見てUnion入口のinformationでアルバイト学生に日本館までのタクシーの手配を頼んだら、5分もしないうちに車がやってきて、またまた現地に早く着きすぎることになった。それでも到着時には会場のArboretum Groundsのゲート付近はすでに大勢の来場者と車で混雑していた。開場まで日本館周辺を散策したが、良くここまで造り上げたと思うほど随所に日本の趣が漂う設計に感心させられた。庭園の中に佇むとここが米国のど真ん中ということを忘れてしまいそうである。桜の植樹には私も微力ながら協力した。旧知のJIC名誉会長の堂山昌男先生から、寄贈者の名前のプレートは見落としやすいですよと伺っていたが、池沿いの桜の木の下ですぐに見つけることが出来た。記念に自分の名前の部分をカメラに収めてきた。 午後2時に現館長のJennifer Gunji-Ballsrud先生の開会の挨拶に続き、特製大ステージ前で、前日の記念式典法要の導師をされた福嶋弘昭師らによりMATSURI開始の「護摩法要」が執り行われた。少し風があったので、読経の声と共に護摩を焚く煙が勢いよく風下に流れて壮観であった。日本館の周辺ではおにぎり、焼きそばや焼き鳥、飲み物などの飲食の露店や陶器、盆栽、着物の古着などの販売のテント、和服着付け、折り紙、あるいは柔道、空手などのパーフォマンスの場が大ステージ以外にも随所に設けられていて来場者に日本文化を様々にアッピールしていた。試しに焼きそばとおにぎりを食してみたが、焼きそばはすこし辛くて、日頃私達が食べているものとは明らかにソースが違うという印象であった。ただし、日本風のソースが欧米人の口に果たしてあうのかどうかは何とも言えないが・・・。一方日本館前にはお茶を楽しもうという人に加えて入場を待つ見学者で長い行列が出来ていた。私達も立礼でお茶をいただいたが、日本館内部は大変な混雑でまさに立錐の余地がないほどであった。お茶をたてる先生方とかいがいしく着物姿で裏方を務められた裏千家淡交会の皆様にお疲れ様と声をかけたくなった。

MATSURIの会場ではアジア系のみならず、その他の国々の方も大勢参加されて賑わっている様子を体感することが出来た。斯様な環境の中で日本の伝統文化を世界に発信する場としてUIUCに日本館が存在するということは素晴らしいことであり、佐藤先生、郡司先生はじめ関係者の方々のこれまでの並々ならぬ努力に今更ながら頭の下がる思いである。今回の20周年記念式典には当初の日程の変更ということもあるかもしれないが、JICからの出席者が少なかったのは大変残念に思った。今後の日本館発展にJICの一層のサポートが必要であることを認識させられたUIUC訪問であった。

These are what we do

毎年2回,Japan Illini Club会員の皆様の活動の様子や最新のイリノイ大学情報等を共有するため,Newsletterを発行しています.

Newsletters

日本の大学に在籍する日本人の学生を,毎年4名選考し,イリノイ大学に授業料無料で送っています.本奨学制度は2017年が42年目となり,小山八郎記念奨学制度として知られているとてもユニークな奨学制度です.

Scholarship students

毎年6月あるいは7月に実施するレリユニオンパーティをはじめ,ご家族や友人の皆様と一緒に参加できるイベント(和太鼓を楽しむ会,そば打ちを楽しむ会,能・狂言を楽しむ会等)等を開催します

Social events