Japan Illini Club

University of Illinois Registered Alumni Association in Japan

News articles

What's new @ JIC
Sunday, July 28, 2019

2019年7月20日(土)に行われたリユニオンパーティで,計量心理学者の丸山先生からメモリーロボット「ルーク」の開発構想をお伺いした.今後はこの話題を小説化し,関連する研究開発者の皆さんと情報交換をしたいとのことである.(会長:古市)

孤独の代償―メモリーロボット、「ルーク」の働き

2019.7.23 聖学院大学名誉教授  丸山久美子(計量心理学)

  

1960年後半から70年代は 世界中の大学生達が大学騒動を起こし、アカハラ(アカデミック・ハラスメント)、パワハラ(パワー・ハラスメント)などの大学教官達に対する抗議の一環として大学閉鎖や授業放棄を行い、先生方に対する暴力的抗議を行った。この大学闘争の最中、親たちは子ども達へのしつけや礼儀などの基本的な生活基盤を教える術もなく、自由放任の躾けなしのまま外へ放り出したことが結果と為って、子ども達の自在な思想形成や、革命的精神が何の造作もなく形成され、折しも中国では毛沢東が権勢をふるっていたために、毛沢東的革命思想が強化された。この年代を日本では「団塊の世代」と言う。 現在、団塊の世代は70才を超えた立派な大人、老人になった。彼らがそれまで、順当に暮らしてその年齢を迎えたとすれば、それは極めて目出度いことではあるが、その反面、団塊の世代に自ら脱落してしまった子どもは所謂「引きこもり」といわれる日本特有の病を抱えることになった。それまで、家に引きこもって親の側でひっそりと生きていた子ども達は親が既に80才の齢をすぎ、最早彼らを養育する能力を失せたとき、彼らは既に60代の初老期にさしかかっていた。それまでに、何とか他者の助けを借りて自立の道を歩み始めた子ども達はそれなりに自分の生活を老いた親に迷惑をかけずに何とかやり過ごすことは出来るだろうか。だが、全てが順当ではない。団塊の世代が所帯を持ち子どもを産むと、それも又第二の団塊の世代となり、十分なしつけや養育を受けられずに脱落してしまい、第二の「引きこもり」問題が生じるとも考えられ、第二の70-40問題と言われる問題が浮上した。折しも引きこもりが原因で大きな殺傷事件が生じたばかりの現在、この問題は黙って見過ごすことは出来ないだろう。

孤独に引きこもる子どもの良き相棒、親友が「ルーク」という名のロボットである。悩める彼らのために作られたルークは孤独の中に浸っている彼らにある種の指針を出し、良きアドバイスさえ与えるだろう。そんなロボットが側に常時存在することで、今後、連れ合いを亡くした老人達やさらには悩める多くの人達の相談相手となる賢く且つ優しいロボットの出現を人は決して拒まないだろう。            

Monday, July 22, 2019

2019年7月20日(土),東京・千代田区内幸町の「レストランアラスカ」(日本プレスセンタービル10階)でリユニオンパーティを開催し,45名の同窓生等が集いました.例年と比べると少ない参加者でしたが,お子様連れの参加者も多く,例年の通りあらゆる年代層の同窓生が集う楽しい会となりました.イリノイ大学からは,今年からOffice of Vice PresidentのSenior Director of International Advancementとなられた Erin Nelsonsanをはじめ,East Asian Langues and CulturesのRobert Tierney先生及び iShoolのSteven Witt先生にもご参加いただいた他,日本でインターンシップ中の現役の学生さんにもご参加いただきました.また,来年のパラリンピックに向けて合宿中の車椅子バスケットの香西さんからはメッセージをいただき,国際パラリンピック委員会公認教材の中で香西さんが小中高校生に向けて発信しているメッセージビデオを上映しました.このビデオではイリノイ大学時代の香西さんの姿が中心となってますので,是非とも皆さんもご覧ください.

今年の参加者が例年よりも少なかった理由の一つは,一昨年まではこれから留学する奨学生と帰国した奨学生の計4人がリユニオンパーティに参加していましたが,昨年度の小山八郎記念奨学制度終了に伴い,今年からはゼロ人となったことです.Erinさんによると,現在イリノイ大学に留学している日本人は約60名とのことで,中国からの留学生約6,000人と比べると二桁違います.今後日本からの留学生を昔のように年間数百人規模まで増やすのは容易ではありませんが,日本の各大学から交換留学生として1年間滞在する学生の皆さんを,帰国後にイリノイ大学日本同窓会に招くことができないか,今後イリノイ大学側との連携をこれまで以上に密にしていきたいと思います.

同窓会は毎年この時期(7月頃)に行ないます.来年度は更に多くの皆さんが集うことができるよう,企画を進めたいと思います.同窓会の各イベントに関してメールによる受信を希望される方は,会長の古市までe-mailで(masa.furuichi@illini-club.jp宛)ご連絡ください.

Saturday, June 01, 2019

NHK国際部の記者佐藤真莉子さんは,2006年から2007年にかけてイリノイ大学のLAS(Liberal Arts and Science)に留学された小山八郎記念奨学生です.留学当時からジャーナリストを目指し,卒業後は民放局を経て現在はNHK国際部で活躍されてます.

佐藤真莉子さんによる最新の取材記事は,2019年5月29日にアップされた 「世界一幸せな国」フィンランドと「福祉の取り合い」"というタイトルの記事です. 記事の冒頭部分を以下引用します.

  世界の国や地域の「幸福度」をランキングにした国連の報告書で、2年連続1位となったフィンランド。
子育てや医療への手厚い補助、無償教育などの「高福祉・高負担」の社会のしくみがその「幸せ」を支えてきた。
ところがここ数年、移民や難民との間で「福祉のとりあい」を指摘する声が上がっている。

フィンランドにおいても我が国と同じく少子高齢化が進み,近年になって難民を労働力をして考えるようになった事等,我が国が抱えている問題との共通点がとても多いのに驚きます.ぜひともご一読ください.

2019年3月4日(月) の18:00~20:00,東京神田神保町の富山房Folioで,奥様のアリス様と一緒に来日されたイリノイ大学芸術学部名誉教授の佐藤昌三先生を囲む会を開催しました.本会は佐藤昌三先生がご卒業された文化学院の同窓会「アーチの会」と合同で開催し,両同窓会からはほぼ半数ずつ合計47名が集まり,アーチの会の大橋智子さんと古市会長とがインタビュー形式で佐藤昌三先生にお話しを伺う形式で会を進めました.

開会の挨拶の中で,古市会長はこれまで多くのイリノイ大学への日本人留学生が旧日本館及び現在の日本館を訪れた事や,小山八郎記念奨学生をはじめ,佐藤先生のご自宅へ招かれた経験のある同窓会会員が多い事等を紹介しました.続いて文化学院同窓会会長の佐藤杏梨氏からは,佐藤昌三先生の学生時代のお話し等を紹介していただくとともに,文化学院が2018年に閉校となったこと等をご紹介いただきました.

続くインタビューでは,佐藤昌三先生から事前にいただいた日本館20周年記念誌や著書,写真をスライドショーの形式でスクリーンに上映しながら,大橋智子さんが様々な話題を次々と質問する形式で,佐藤昌三先生から次のようなお話しを流れるようにしていただきました.

佐藤昌三先生は1964年に渡米してイリノイ大学で客員芸術家として招聘された後,1975年に旧日本館を開館,その後1998年に現在の日本館建設に寄与され,2018年に20周年を盛大に迎えました.更に,今後は日本館を米国における日本文化の教育と発信を目的とするだけでなく,第二次大戦中における日米の関係等を伝承するための博物館としても機能させるべく,日本館増築のために新たに300万ドルを寄贈したお話し等を伺いました.

20周年といえば,これに先立って2017年には日本館の畳の張替えプロジェクトを実施しましたが,イリノイ大学日本同窓会では米国で畳張替えを行う職人さん探しに大変貢献したことを,会員の皆様は覚えていらっしゃるでしょうか.その時に職人さんを率いて渡米していただいた山形県の「鏡畳店」の鏡芳昭氏(株式会社 畳屋道場社長)も囲む会に駆けつけていただき,当時の様子を佐藤昌三先生と鏡氏とで語っていただきました.

佐藤先生は生花,茶道,書道等で有名ですが,アメリカ人の学生達により演じるイリノイカブキは全米で多数公演を実施した他,世界各地でも公演を果たしたお話もしていただきました.特に,シェークスピアカブキを演じた際には英語学部の教授達から色々苦情が来たそうですが,歌と舞とが融合した美しさに,最後は文句を言わなくなった等の逸話を,直接佐藤先生からお聞きすることができ,参加者の皆様にとってとても実りある会になりました.

佐藤先生は囲む会の翌日3月5日に米国へ帰国されました.イリノイの地で健康に留意され,お元気でご活躍されることを願っています.

     【イリノイ大学佐藤昌三先生を囲む会】 募集時の案内 

イリノイ大学名誉教授の佐藤昌三先生が1月から来日中です.

帰国前の最終日,佐藤昌三先生がご卒業された文化学院の同窓会と,現在名誉教授としてご活躍中のイリノイ大学の日本同窓会と共同で,下記の通り佐藤昌三先生を囲む会を開催することとなりました.本囲む会では,インタビュー形式で佐藤昌三先生に渡米のきっかけとなった秘話をはじめ,イリノイ歌舞伎の話しや,20周年を迎えたばかりの日本館の話し等をお聞きします.

留学中佐藤昌三先生にお世話になった皆さんはもとより,お会いするのは初めての方も,またと無い機会に是非ともご参加ください.会場は定員制です,以下の参加申し込みアドレスからフォームにご記入の上,お早めにお申込みいただけますよう,お願い申し上げます.

★主  催:イリノイ大学日本同窓会 文化学院同窓会アーチの集い  共同開催
★日  時:2019年3月4日(月) 18:00~20:00 (17:30受付開始)
★参加人数:50人(会場の都合上,定員を設けさせていただきます)
★会  費:3,000円 (飲み物と軽食付)
★会場:神保町富山房Folio(フォリオ)
        千代田区神田神保町1-3富山房ビルB1

神保町富山房Folio(フォリオ)

    
★式次第
 17:30 受付開始    
 18:00 開会挨拶  (司会:調整中)
     イリノイ大学日本同窓会会長・古市昌一氏
     文化学院同窓会会長・佐藤杏梨氏
     ※佐藤昌三先生の紹介も含む
 18:15 佐藤昌三先生のお話し (インタビュー形式で進行します)
     インタビュアー: 大橋智子氏(文化学院同窓会)
              古市昌一氏(イリノイ大学日本同窓会)
 19:15~ 懇談
 19:50 閉会挨拶
 20:00 佐藤先生お見送り
 20:30まで自由に歓談
 21:00 片付け・退出
 
JICの活動内容
イリノイ大学日本同窓会では次の活動を行っています
リユニオンパーティ
毎年6月あるいは7月に実施するレリユニオンパーティをはじめ,ご家族や友人の皆様と一緒に参加できるイベント(和太鼓を楽しむ会,そば打ちを楽しむ会,能・狂言を楽しむ会等)等を開催します
Flip it
Reunion parties
毎年6月あるいは7月に実施するレリユニオンパーティをはじめ,ご家族や友人の皆様と一緒に参加できるイベント(和太鼓を楽しむ会,そば打ちを楽しむ会,能・狂言を楽しむ会等)等を開催します
Flip it
ニュースレターの発行
Japan Illini Club会員の皆様の活動の様子や最新のイリノイ大学情報等を共有するため,Newsletterを発行しています.
Flip it
Newsletters
Japan Illini Club会員の皆様の活動の様子や最新のイリノイ大学情報等を共有するため,Newsletterを発行しています.
Flip it
会員間の情報共有
イリノイ大学日本同窓会会員の方との情報共有,情報提供等
Flip it
会員間の情報共有
イリノイ大学日本同窓会会員の方との情報共有,情報提供等.カレッジ毎のイベント,著書等の案内等でご活用ください.
Flip it
小山八郎記念奨学制度
日本の大学に在籍する日本人の学生を,毎年4名選考し,イリノイ大学に授業料無料で送る制度です.本奨学制度は小山八郎記念奨学制度として知られているとてもユニークな奨学制度でしたが,国内の各大学でイリノイ大学との交換留学制度が充実してきたのにともない,42年目の2017年を最後に本制度は終了しました
Flip it
Koyama Hachiro Memorial Scholarship Program
日本の大学に在籍する日本人の学生を,毎年4名選考し,イリノイ大学に授業料無料で送る制度です.本奨学制度は小山八郎記念奨学制度として知られているとてもユニークな奨学制度でしたが,国内の各大学でイリノイ大学との交換留学制度が充実してきたのにともない,42年目の2017年を最後に本制度は終了しました
Flip it
Newsletterメルマガ版
準備中
登録していただく準備中です