Japan Illini Club

University of Illinois Registerd Almni Association in Japan, イリノイ大学日本同窓会

2017年6月25日(日)12:00-14:00に東京・千代田区内幸町の「レストランアラスカ」(日本プレスセンタービル10階)で開催されるイリノイ大学日本同窓会(JIC)リユニオン・パーティへの参加申込される方及び出欠を返信される方は,本フォームを用いてお申込みできます.

<< Japan Illini Club Reunion Party 2017 >>

  • 日時:2017年6月25日(日)12:00-14:00
  • 場所:レストランアラスカ・日本プレスセンター店 (東京都千代田区内幸町)    
    • 地下鉄三田線内幸町駅 徒歩1分
    • 地下鉄千代田線霞ヶ関駅 徒歩1分
    • 地下鉄日比谷線霞ヶ関駅 徒歩3分
  • 参加費: 5,000円(事前振込)7,000円(当日現金払)

2018年度のイリノイ大学小山八郎記念奨学留学生の募集を2017年5月1日から行っています.募集人数は4名で,2017年10月31日に書類受付を締め切り,12月初旬に面接による選考を行い,年末までに4名の奨学生を決定の後,2018年夏からイリノイ大学へ留学します.

文系理系にかかわらず,1年間学費免除で(約300万円)アメリカ屈指の名門イリノイ大学のリベラルアーツを学べる本制度は,国内でも非常にユニークなものです.海外留学を検討中あるいは興味のある学生さんにご紹介頂ければと思います.募集資格の条件には,日本国籍を有する大学学部在籍の学生(25歳以下)であることに加え,TOEFLまたはIELTSの点数などがあります.詳細は募集要項をご覧ください.

JIC副会長の矢部耕三氏は,東京では弁護士業を行う傍ら,毎年イリノイ大学のロースクールで教えておられ,JIC奨学制度の協定締結及びその維持をする上では欠かせない存在です.イリノイ大学で教え始めて16年,これがYomiuri Online/ChuoOnlineの記事 "米国の法科大学院で教えて  ―海を超え、「二足の草鞋」の16年" となって掲載されました.


(画像はサイトのスクリーンキャプチャ)
日本語記事
英語記事

2017年でJIC奨学制度(小山八郎記念奨学制度)が42年目を迎えますが,この期間の約4割を同窓会とイリノイ大学の架け橋としてご活躍されているのが矢部耕三先生です.2018年度もこれまでと同様に奨学生を募集します.この奨学制度を今後も継続できるよう,今年も多くの大学生の皆さんが応募していただけることを願ってます.

この記事のタイトルから,皆さんは何を想像されるであろう.開館してから20年を迎えるイリノイ大学日本館,畳の張替えを2017年1月に行ったのである.そもそも米国には畳職人などいない.更に,米国へ職人さんを呼ぶには労働ビザの取得も必要,費用がいくらかかるか,想像すらつかない.日本館からイリノイ大学日本同窓会に相談が来たのが2016年の夏.そして,様々な偶然や出会いを経て,2017年に総ての畳張替えを完了したのである.この記事は,そのような苦労を経て完了した「日本館畳張替えプロジェクト」の記録である.

この写真,どこで撮られたか皆さんわかりますか?これは,1957年~1959年にイリノイ大学キャンパス内のEast Charmers通りの角で撮られたもので,写っているのはフルブライト留学生としてイリノイ大学に留学されていた徳永勉氏(MS1959 CBA: Master of Science in Commerce Business Administration)です.徳永氏は1988年以降カナダに在住されており,この度留学当時の思い出をイリノイ大学日本同窓会に寄稿して下さいました.当時のイリノイ大学の様子がよくわかる,41ページと読み応えがある大作です.時代は変わっても,留学中の学生達の様子は今も昔もそれほど変わっていない,ということも良くわかります.徳永様,ご寄稿いただきありがとうございました.

イリノイ大学アーバナシャンペン校(University of Illinois at Urbana-Chamaign)には日本館(Japan House)があります.

(日本館ホームページから引用)

中日新聞の尾張版(2012年2月11日)で,1940年12月に発行されたイリノイ大学の同窓会新聞が,愛知県一宮にお住まいの谷川さん宅で発見されたと報じられました.記事によると,谷川さんのお父様は1915年にイリノイ大学へ留学,電気工学を専攻して1918年にご卒業の後も1921年まで米国で働いた後帰国されたとのことです.なんと,この同窓会新聞が発見されたことが報じられるに至ったのは,愛知県設楽町の奨学生がイリノイ大で歌舞伎を披露したことを新聞で読んだのがきっかけだったとのこと.中日新聞より記事の掲載許可をいただきましたので,以下に該当記事を掲載します.

海外留学を検討している大学生の中には,就職に対する不安を持っている方が多いのではないかと思います.そのような不安払拭を目的として,「留学と就職」に関する連載を行っています.シリーズ第2段は2013年度の小山八郎記念奨学生中沢亮太氏,大学生の方は是非とも奨学生を応援するカウントダウンサイトでお読み下さい.

These are what we do

毎年2回,Japan Illini Club会員の皆様の活動の様子や最新のイリノイ大学情報等を共有するため,Newsletterを発行しています.

Newsletters

日本の大学に在籍する日本人の学生を,毎年4名選考し,イリノイ大学に授業料無料で送っています.本奨学制度は2017年が42年目となり,小山八郎記念奨学制度として知られているとてもユニークな奨学制度です.

Scholarship students

毎年6月あるいは7月に実施するレリユニオンパーティをはじめ,ご家族や友人の皆様と一緒に参加できるイベント(和太鼓を楽しむ会,そば打ちを楽しむ会,能・狂言を楽しむ会等)等を開催します

Social events